赤ちゃんを38℃に温める羊水の響き 清新世界 健康生活

イエス・キリストの手当ては病を治す磁気エネルギー療法

ゼロ磁場の聖地エルサレムで十字架現象を 心と身体で感じ イエス・キリストは磁気療法手当で病を治しました

2020年前(西暦)イエス・キリストはゼロ磁場の聖地エルサレムで 生命に奇跡を起こした磁気療法手当で 心と身体を幸せにし病気を治しました エルサレムは人類を誕生させたグレートリフトバレー(大地溝帯)の地磁気の強い ゼロ磁場の断層地帯にありますイエス・キリストはゼロ磁場の断層地帯エルサレムで地磁気を身体で感じ磁気療法手当で生命に奇跡を起こしたのです

イエス・キリストの施した生命に奇跡を起こした、磁気療法手当が心と身体を幸せにし、病気を治す素晴らしい磁気療法であることを血液の磁気を測定するMRI(磁気共鳴画像法)で科学的に解明しました。中華医学『気功』は、5000年の古い歴史。気功もお互いに持つ、生体磁石の磁気が磁気共鳴心と身体を幸せにし、病を治していたのです。音響免疫療法は、イエス・キリストの手当に学び中華医学 気功の1,000人以上の磁気エネルギーが発生するゼロ磁場 音響免疫療法を世界で初めて開発西洋医学の薬を超えた病を治す、究極の磁気エネルギー療法です。

イエス・キリストは13歳〜29歳まで インド・チベットを旅し磁気の霊性を持つ 高いレベルの僧侶 「神の子」だったのです

イエス・キリストは33歳で処刑されましたが、空白の17年間と呼ばれる、謎の期間が存在します。13歳〜29歳までの間、イエス・キリストは、何処で、何を、していたのかの記録が全くありません。実は、キリストは、仏教僧イッサ(ISSA)イエスだったのです。インド北部、ラダックの「レー」にある、仏教僧院で、発見した書物「聖イッサ伝」に、イエスは、高いレベルの、僧侶であり、歴代ダライ・ラマを凌ぐレベルの磁気を持つ、霊性を備えた「神の子」だったと言われています。イエス・キリストは、インド、チベット、アフガニスタンを旅し、チベットのゼロ磁場 磁気エネルギーを、心と身体で感じ、磁気療法 手当を学んだのです。
イエス・キリストは、ヒンドゥー教、バラモン教に目をつけられ、ヒマラヤ山脈の奥深く隠れ、さらなるゼロ磁場磁気エネルギーを学んだと記されています。仏教と、キリスト教は、驚くほど似ており、手当、手かざしなどお互いに無視出来ない共通点があるのは事実です。釈迦は2600年前チベットで生まれ、諸行無常の鐘、チベタンボウルの響きと、ゼロ磁場で、悟りの境地に導かれました。
(BBC英国国営放送2007年)

トップへ戻る