赤ちゃんを38℃に温める羊水の響き 清新世界 健康生活

世界保健機関(WHO)は スマホ・ゲーム・ネットが招く スピーカーの人工音が 脳の依存症を 脳の病気と認定しました

自分の声を録音し スピーカーの人工音を耳で聞くと 他人の声に聞こえます。身体に響かないスピーカーの人工音は 心と身体の害になります。

耳(感覚器官)への 空気の響きは 言葉、方向、距離、危険を主として感じます。脊髄の感覚器官(中枢反射神経)への 骨導音の身体への響きが 感動と興奮を高め、体内細胞を育てます。世界の軍事産業が開発できなかったものは 人間の心のマインドコントロールです

生命の危険を伴う、急所脊髄の感覚器官(中枢反射神経)への、骨導音の激しい響きは、人間の持つ、生体麻薬、アドレナリン・エンドルフィンの麻酔覚醒作用を呼び覚まし、心と身体を幸せの世界に導きます。生体麻薬の麻酔覚醒作用で、人間の心を幸せにマインドコントロールする、世界で初めての技術です。
胎児期に母親の生命の危険を知らせる、脊髄への激しい響きは、胎児の生命の死の危険信号として、DNAに記録されています。母親の死は胎児の死です。響きが人間の心を変えるのはこのためです。耳の感覚器官への響きは、言葉・方向・距離・危険を感じます。自分の声は、耳を塞いでも自分の声は聴こえます。耳の感覚器官でなく、脊髄の感覚器官(中枢反射神経)の骨導音の響きで、感動と興奮を感じるのです。身体への響きは、人間の心をマインドコントロールし幸せに導きます。骨導響きは、心と身体を幸せにする最善の方法です。

音を聴くは『頭蓋骨』(高音)『脊髄』(中枢反射神経)『骨盤』(低音) への
骨導音の身体への響きと 耳で聞く空気の音があります

頭蓋骨は高音・骨盤は低音

●医師で聴覚心理音声楽の権威として知られる、アルフレッド・トマティス博士の骨伝導聴力に関する研究結果においては、音の周波数の高低によって人体の共振する部位は異なっているということがわかっています。

胎児期 私たちは 母親の羊水の中で、耳でなく、脊髄の感覚器官で母親の生命の響きを聴いて細胞を育てます。お母さんは仙骨を震わせ骨盤、脊髄、頭蓋骨を緩め胎児を出産します。

自宅での インターネット・スマホのテレワークによる依存症を 吹き飛ばし 心と身体を幸せにしコロナに勝つ 方法を 提案します

依存症は 脳の病気です 急所脊髄への 映画・テレビ・音楽の激しい響きは インターネット、スマホの 依存症を脳内麻薬の麻酔覚醒作用で コロナの不安を吹き飛ばし 心と身体を幸せにします

コロナの時代インターネット・スマホが招く不安は心の病気です。
私たちは世界で初めて急所脊髄への映画・テレビ・音楽の激しい響きで、ヘロイン・コカイン・モルヒネより安全な脳内麻薬の麻酔覚醒作用でコロナの不安を吹き飛ばします。

コロナに勝つ最強の免疫力は胎児が教えてくれる

胎児を38℃に発熱させ 胎児の尿を浄化する母親の羊水の響きの胎内環境は 私達の身体を38℃に温め コロナ・がんを発症しない体質にします

胎児を38℃に温め、胎児の尿を浄化する 母親の羊水の波紋の響きを、がん患者の身体に響かせると、熱に弱い、温熱感受性のがん細胞は熱を吸収し、がん細胞の温度が上昇、死滅します。
60歳の年齢は低体温、さらに、細胞の水分が50%に低下(赤ちゃんの細胞の水分は80%)がん患者が多くなります。 中国は、がん治療に身体を発熱させる羊水の響きを導入しました

胎児を38℃に温め 尿を浄化する羊水の響きの 音響免疫療法は 自己免疫力を 高め「コロナ」「がん」の 発症を防ぎます

コロナウィルスは怖くない コロナには勝てる 母親の羊水の響きは 体温を38℃に温め 胎児の尿を浄化し育てる。羊水の響きのように 網構造体を震わせ 再現した 音響免疫療法は 映画・テレビ・音楽の響きで 身体を38℃に温め自己免疫力を高め コロナの感染を防ぎ 勝つ体質にします

耳で聞く ハリウッド映画・ディズニーの スピーカーの人工音は 心と身体に害になる古い技術です

『アメリカ映画の 心と身体に響かないスピーカーの人工音は害になります』

映画・テレビ・音楽の 心と身体の害になる スピーカーの人工音でなく網構造体をバイオリンの弦のように 激しく震わせ「生演奏」の響きに変え 身体を響かせ
発熱させる 音響免疫療法は 心と身体を幸せにし病を治す

心と身体が求める響きは 耳でなく 骨導音の身体への響きです

トップへ戻る