赤ちゃんを38℃に温める羊水の響き 清新世界 健康生活

体温はエネルギーです

お母さんは なぜ 赤ちゃんを38℃に温め 出産するのか

鶏の40℃の低体温エネルギーでは 地球の重力に負けて飛び立つ事ができない。
体温はエネルギーです お母さんは胎児を羊水の響きで38℃に温め 赤ちゃんを誕生させます。38℃の体温が地球の重力に勝ち 自己免疫力を高め 病に勝つ事をお母さんは知っているのです。西洋医学は 赤ちゃんが生まれる時 なぜ38℃なのか 体温のエネルギーが大切な事を研究していない

「鶏の40℃」の低体温では地球の重力に負け 飛べないのです。
「雀は43℃」の体温のエネルギーで 地球の重力に勝ち 飛び立ちます。
体温はエネルギーです 知っていますか?

鶏の40℃の低体温では地球に負けて 飛び立つ事ができません。
体温がエネルギーです。「雀は43℃の体温で 地球の重力に逆い飛び立つ事ができるのです。
人間の体温は36.5℃で地球の重力に逆い 立ち上がっているのです。だから体温の高い鳥インフルエンザは人間にとっては危険なのです。

コウモリは体を震わせ43℃に体温を上昇させます

人間の体温は低下すると、ぶるぶると体を発熱させるメカニズムを持っています。母親は羊水の中で胎児を38℃に温め羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。年を重ね50歳の細胞の水分は50%に減少。シミ、シワの多い老化した体はがん患者が多くなります。細胞は毎日新しく生まれ変わります。羊水に学んだ音響免疫療法は身体を38℃に温め、水分80%の赤ちゃん細胞に生まれ変わります。赤ちゃん細胞は細胞のがん化を防ぎ、がんに勝つ体質にします。コウモリは15℃の低体温で、洞窟に足でぶらさがっています。飛び立つ時に足の裏のゼラチンを震わせ、摩擦熱で身体を43℃に発熱、飛び立ちます。42℃の体温は地球の重力に負け飛び立てないのです。身体の発熱とレーダーのメカニズムをコウモリの研究から学びました。コウモリは全身を震わせレーダーを線でなく玉で発射、映像で映します。最先端医学と最先端レーダー兵器を実践しています。

網構造体を震わせ 耳でなく 身体に響かせます

スピーカーの人工音で自分の声を録音し 耳で聞くと他人の声に聞こえます。
空気の伝える スピーカーの人工音は 心と身体に害になり病気になります。
胎児期 私たちは 母親の羊水の中で 耳でなく脊髄の感覚器官 中枢反射神経で 羊水の水の波紋の響きで育ちます。脊髄から身体への響きに興奮するのはこのためです

スピーカーの人工音で自分の声を録音し 耳で聞くと他人の声に 聞こえます。
空気の伝える スピーカーの人工音は 心と身体に害になり病気になります。
胎児期 私たちは 母親の羊水の中で 耳でなく脊髄の感覚器官 中枢反射神経で 羊水の水の波紋の響きで育ちます。脊髄から身体への響きに興奮するのはこのためです

バイオリン、コントラバス、チェロ、ギター、ハープの弦の響きで網構造体を震わせ 生演奏の響きを身体に聴かせる 世界で初めての技術です

スピーカーの人工音で 網構造体を響かせ弦の生演奏の響きに変え 世界で最も進んだ 音響システムです バイオリンの演奏者は 弦の響きで身体が発熱し ガンが消滅する事があります。生の弦の身体への響きは 母親の羊水の 響きのように 赤ちゃんを38℃に温め 身体が発熱します。弦の響きは 人間の心と身体を幸せにし病を治すのです。

網構造体を スピーカーの 人工音で震わせ生演奏の 響きに変える 音響システムは特許を取得しています。
中国特許 ZL200480028157・アメリカ合衆国特許 7771375・ロシア特許 2401037・日本特許 第4907991・EPC特許 1683446(ドイツ・フランス・イギリス・イタリア)・韓国 10-1091781

トップへ戻る