赤ちゃんを38℃に温める羊水の響き 清新世界 健康生活

地球は「北極N」「南極S」の巨大な磁場

ゼロ磁場はN極S極の磁気エネルギーがお互いに打ち消し合う、ゼロ磁場を保っている、磁気の強い場所を言います。日本の伊勢神宮、キリスト教、イスラム教、ユダヤ教のエルサレムの聖地は、磁気エネルギーの強いN極S極を示さないゼロ磁場に建てられています。日本の中央構造線上、アフリカのグレート・リフトバレーなど、地底の巨大な断層が押し合う場所に、摩擦熱で巨大な磁気エネルギーを生み、パワースポット ゼロ磁場が生まれます。磁気の強い場所に聖地は集中しています。古来、人間は本能でその場所シャングリラを選んでいました。宗教や神の原点は、土地から湧き出る強い磁気エネルギーの場所、ゼロ磁場が聖地です。

「宇宙」「地球」は 磁石

地球の地磁気で 誕生した人間は 生体磁石を持っています

宇宙と地球は磁場に満たされています。NASAの宇宙飛行士は、「宇宙は熱い鉄の臭いがする」と語ります。磁石による地磁気が、生命に有害な宇宙線から人間を守っています。太古の地球は、酸化鉄の塩の海。海で誕生した微生物は鉄呼吸をしていました。酸素呼吸する現在の細胞へと進化したのです。鉄鉱山は鉄呼吸微生物の酸化鉄を大量に含んだ化石の山です。人間の血液・細胞も強磁性の鉄イオンを含み、脳にはマグネタイト(生体磁石)を持っています。体内の血液は5Kg、血液に含まれる鉄イオン2,700mg、体内には4,000mgの鉄分を含みます。人間は磁石です。血液は釘と同じように錆びます。海で誕生した昆布は、酸化鉄(強磁性鉄イオン)、ウラン、塩を吸収し育ちます。昆布のヨウ素が放射能の除去に効果があります。海藻植物は鉄イオン(強磁性)が大好きです。海から鉄イオンを求め陸に進出しました。植物も鉄イオンを含みます。磁気共鳴作用でお互いに伝え合っていると私達は考えます。

月の神秘的な磁気エネルギーは人間の心を変える

地球は365日で太陽の周りを1周、1日に1回自転。海は1日2回満潮と干潮があります。大きな月を持つ地球の現象です。地球・月・太陽が一直線に並んだとき、干潮が大きくなります。海の生物として誕生した人間は月の満月・満潮・干潮の影響を受けています。月の満ち欠け満月・新月の引力は心に影響を与えています。月は太陽と共に海で生まれた生物に強い影響を与えてきました。月の引力は母親の羊水を引っぱり、女性の排卵周期も28日と同期し、月経のサイクル、出産の月齢に影響を与えています。さらに、満月、満潮、干潮は生命のリズムとつながっています。人間は満潮で生まれ、干潮で息を引き取ると言われています。動物は電磁場により、心の情報交換を行っています。満月の電磁場で、オオカミ伝説が生まれました。

音響チェアーは 地球の地磁気に ゼロ磁場を発生させます

地球の表面は500〜600ミリガウス 新宿歌舞伎町などの地磁気の弱い場所は200-300ミリガウス 高層マンションの8階以上は200-300ミリガウスです 地磁気の磁気の弱い高層マンションは「豆苗」が育ちません有名な話しです 地磁気の磁気の弱い高層マンションは うつ病  認知症 糖尿病 がん などの病が多くなり 人間の心と身体に悪い影響を与えます そして動物は北を枕にして寝ます 生き返る事があるからです

トップへ戻る