赤ちゃんを38℃に温める羊水の響き 清新世界 健康生活

羊水の響きは糖尿病・高血圧でドロドロに汚れた血液を浄化します

羊水の響きを身体に聴かせます。羊水の響きは胎児の尿を浄化します、羊水の波紋の横波の響きを世界で初めて再現しました。耳ではなく、脊髄の感覚器官「中枢反射神経」に羊水の響きを聴かせ、胎児のように38℃に温めるのです。

母親の生命の響き 呼吸18 体温36℃ 心拍数72 血圧144のリズムが
胎児を育てるのです 音楽家は生命のリズムの大切さが分かっていない

母親の胎内で 胎児は羊水の波紋の響きで 耳でなく 脊髄で感じ育ちます。空気の音では育ちません。母親の生命のリズム、呼吸数18(海の波の数)、体温36℃、心拍数72回、血圧144Hg、胎児の誕生288日が胎児を育てます。母親の心臓の響きや呼吸の、激しい響きは、胎児の生命の危険信号として胎児のDNAに記録されています。耳ではなく、脊髄への響きが人間の心をマインドコントロールするのはこのためです。お母さんは、仙骨を震わせ、骨盤・脊髄・頭蓋骨を緩め胎児を出産します。

母親の死は胎児の死です。母親の生命の危険を知らせる 耳でなく脊髄(感覚器官)への羊水の激しい響きは 胎児の死の危険信号として胎児のDNAに記録されています。
耳でなく 脊髄への激しい響きは 人間の心を変え恐怖の響きによる幻聴が殺人や自殺を起こすのです。

羊水の響きで お母さんは赤ちゃんを38℃に温めます38℃の体温は 熱に弱いがんに勝つ

お母さんは 羊水の響きで 胎児を38℃に温め
水分80%の細胞を育てます 羊水の響きはがんに勝つ

60歳の年齢は低体温で 細胞の水分が50%に低下しがん患者が多くなります
赤ちゃん細胞の水分80%の細胞を造る事が がんを防ぐのです38℃の赤ちゃんの体温に高め がんを消滅させる響きを試聴ルームで体験できます西洋医学は、母親が胎児を38℃に温める羊水の響きで、がんに勝つ 最先端のエンターテイメント療法を研究しなかったのが不思議です。西堀貞夫は世界で初めて空気の伝える音でなく、胎児を38℃に温める羊水の響きを脊髄に聴かせ身体を発熱させ、熱に弱いがん細胞に勝つ、夢のゼロ磁場 音響免疫療法を開発しました。

母親が胎児を38℃に温める羊水の水の波紋の響きは、「胎児を38℃」に温め、「尿で汚れた羊水を浄化」、「水分80%」の元気な細胞を育てます。私たちは熱に弱い“がんの病に勝つ”治療法として、母親の羊水の響きで、がん細胞を温める自己免疫療法を思いついたのです。身体はウィルスに感染すると38℃に身体が発熱、生体防御反応でウィルスを殺します。身体の持つ生体メカニズムを応用します。がん細胞は温熱感受性のため、温めると流れが低下、熱を吸収し、がん細胞の温度が上昇し死滅します。60歳の年齢は低体温となり、水分50%の老化した細胞になり、がん患者が多くなります。

トップへ戻る