赤ちゃんを38℃に温める羊水の響き 清新世界 健康生活

血液は「銅」が「ヘモグロビン」と「鉄」「磁気」を結合させ融合 赤い血液(強磁性鉄イオン)を誕生させます

カブトガニは青い「銅」の血液です

タコ・イカ・エビ・カニの無脊髄動物は「銅」が 結合した ヘモシアニンの血液が 栄養酸素を細胞に運びます

2億年前から、姿を変えず生きている「カブトガニ」は青い銅の血液です。アメリカの製薬会社は、銅の血液が、細菌・ワクチンへの汚染と培養に有効であることで、毎年アメリカは、生きた「カブトガニ」を60万匹を捕獲し、青い血液が採血されています。採血の過程で、30%血液を抜かれ、48時間以内に海に戻されますが、不幸なことに、長く生きられない個体が多いそうです。海で育つ、タコ・イカ・エビ・カニの血液も、銅のヘモシアニンを含む青い血液です。人間の血液は、ヘモグロビンの鉄と磁気を含む、赤い色をしています。私たちの祖先は、青い銅の血液です。

諸行無常の 鐘(銅)の倍音の響きは 血液を浄化ヘモグロビンと 鉄、磁気を融合
血液を赤く染め生命の血液を 誕生させます

脊椎動物は 銅が「鉄」「磁気」をヘモグロビンと結合させ血液(強磁性鉄イオン)を赤くし ブドウ糖・酸素を細胞に運び 生命を維持します 銅がないと 鉄が ヘモグロビンに変換できないのです。血液には銅が大切なのです

釈迦は2600年前 諸行無常の 銅の鐘の響きがヘモグロビンと「鉄」「磁気」を結合させ血液(強磁性鉄イオン)を赤く染めブドウ糖 酸素を細胞に運び 生命を維持し病気を治す事を知っていたのです

釈迦は、諸行無常の銅の鐘の響きが、人間の血液を浄化、磁気を高め 病気を治すことを知っていたのです。太古の海の 生物はヘモシアニンを含む、銅の血液です。釈迦は諸行無常の「銅」の鐘の響きが、ヘモグロビンと鉄、磁力を結合させ、血液(強磁性鉄イオン)を赤く染め、酸素、ブドウ糖を細胞に運び生命を維持します。銅は、血液の血漿と赤血球に存在します。血液検査は、血漿の銅の濃度を測ります。銅は、体内にセルロプラスミン・メタロチオネインというタンパク質に結合した状態で存在します。血液中の銅は、セルロプラスミン(タンパク質)に結合、赤血球のヘモグロビンの合成には、鉄が必要です。でも、鉄はセルロプラスミンによって一度酸化されないとヘモクロビンの合成に使うことが出来ないのです。セルロプラスミンは、銅と一緒に運ばれるので、銅がないと鉄がヘモグロビンに変化出来ないのです。釈迦の銅の鐘の響きは、人間の心と身体を幸せにし、病気を治す仏教の原点です。

トップへ戻る