赤ちゃんを38℃に温める羊水の響き 清新世界 健康生活

映画・テレビ・音楽の 羊水の響きで認知症で 失われた記憶を蘇らせる ゼロ磁場 音響免疫療法

老人ホーム・介護・リハビリ業界の皆様の大切なお仕事は医者では治せない 認知症の脳を映画・テレビ・音楽で若返らせ元気にすることです 認知症に勝つ施設は高齢者の皆様に喜ばれます

急所脊髄に響く テレビ・音楽の激しい響きは認知症・アルツハイマーを吹き飛ばし 脳を若返らせます

高齢者の一日の平均テレビ視聴時間は約8時間、一日の1/3の時間に相当します。テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、脳細胞を若返らせ、認知症を治す夢の時代が到来したのです。平成24年の内閣府調査では、自宅で人生の最期を迎えたいと希望する人が全体の56.6%にのぼりました。多くの方々の在宅医療の願いを叶えるため、ご自宅で映画・テレビ・音楽を毎日楽しみ、認知症の脳を若返らせることをお勧めいたします。
ご自宅で映画・テレビ・音楽を脊髄で楽しみ、認知症を治し元気にすることを私たちは提案します。厚生労働省の発表によれば、2015年75歳以上の高齢者の医療費は一人929,000円、14兆255億円です。65歳以上は3,514万人で25兆5276億円。日本は高齢者医療で破綻します。日本の医療費は45兆円。税収入は50兆円。日本は医療費で破綻します。私達が提案するのは、毎日、映画・テレビ・音楽の響きで疲れた心臓を助け、血流を良くし、脳細胞を若返らせ認知症を映像と響きの科学で治す、ゼロ磁場 音響免疫療法です。

認知症の脳は 羊水の響きで 頭蓋骨を緩め 脳への血流を 良くすると治る

お母さんは 仙骨を震わせ骨盤・脊髄・頭蓋骨を緩め 赤ちゃんを出産します頭蓋骨の締まりが脳への血流が悪化認知症を招くのです

認知症は 頭蓋骨の締まりによる 脳への血流不足と 脳細胞の磁気の錆びです 錆びを取り除き 頭蓋骨を緩め 脳への血流をよくすると若返ります

音響チェアに座り映画・テレビ・音楽・シンキングボウルの羊水の響きを、急所脊髄から心臓に聴かせます。心臓の鼓動と同調する響きは、鼓動を強化、マラソン選手のように運動効果で鼓動を高め、血液の血流を良くします。血液と毛細血管との摩擦熱はドロドロの血液を温め、サラサラにし、錆びた血液の磁気作用を高めます。響きの科学で、脳への血流量を増やし、脳血液・脳細胞を活性化、脳血液の磁気を強化、超能力・テレパシーの磁気共鳴作用の高まりが認知症を自然に治します。

中国は 認知症の治療に 音響免疫療法諸行無常の鐘 チベタンボウルの頭蓋骨を緩める響きを採用しました

中国政府は、全国人民代表大会で、老人を大切にするモデル事業として 西洋医学の薬では治療できない老人痴呆(認知症)の予防と治療のため 脊髄への映画・テレビ・音楽の響きを応用した、骨導音の響きの音響チェアを採用。「中国老齢事業発展基金」を投入します。

がん患者に抗がん剤を使うな!

がんの専門医は、家族や自分に抗がん剤を投与しないという話は有名です。抗がん剤投与は、患者の生命を弱らせ、寿命を短くしてしまうという危険が極めて高いことを、がん専門医は見ているからです。「抗がん剤ではがんを治せない」は常識。それが分かっていても、病院の利益のために、患者の死を早めてまでも抗がん剤を投与するのです。抗がん剤でがんは治せますか? という質問に対して、厚生労働省のがんの専門技官は、「抗がん剤ががんを治せないのは常識」「抗がん剤は猛毒である」「抗がん剤は強い発がん物質である」「抗がん剤は臓器の癌を発生させる」「がん細胞は薬に耐性を持つ」と、これら事実をあっさり認めたのです。(徳間書店:船瀬俊介「知ってはいけない」から引用)。がん検診は市場開拓の罠、がん検診は受けてはいけない。「えっ?」という返事が返ってきます。職場健診、人間ドックなど検査システムが推奨されていますが、日本のがん治療は検査機器が進んでいるだけで、がんに勝つ自己免疫療法は開発されていません。がん検診で患者を探しだす、抗がん剤投与のお金儲けの病院の手段です。アメリカの最新医学は、抗がん剤や、放射線の治療から抜け出しつつあります。日本だけが、がん死亡率が上昇し続けています。アメリカはがん死亡率を減らすことに成功しました。アメリカで売れなくなった抗がん剤の販売先が日本になっています。

諸行無常の鐘の響きでガンに勝つ時代

抗がん剤投与をやめたら、「病院」「製薬会社」「医師」「医療従事者」の経済問題になるからです。抗がん剤治療の利権構造は、16兆円と言われています。抗がん剤の利権構造がいかに大きいかお分かりですか?さらに、アメリカは中華医療の比重を高くする国家プロジェクトを行っています。私たちはがんに勝つ自己免疫療法を開発、抗がん剤で殺されない為に「NO! 抗がん剤 ゼロ磁場ならがんも怖くない音響免疫療法学会」を設立しました。メディカルコンサルティングを検索してみてください。多くの医療経営コンサルティングが存在します。がんに対応し利益追求の戦略や、がん患者への対応をMBAを取得した経営コンサルタントがお金儲けの医療を医師に指導しています。お医者さんは患者の生命より、病院の利益を優先させています。がん専門のお医者さんは「抗がん剤を投与しないと、本人の意志でやめても、家族から訴訟された場合、裁判で殺人罪で負けてしまう。」と語られます。

がん専門医の多くは 家族や自分に抗がん剤を投与しない

がん専門医は自分や家族に抗がん剤を投与しないという話は有名です。がん治療に抗がん剤の投与は、がん克服に役立たない事が明らかになってきました。患者の生命を弱め、寿命を短くしてしまいます。この危険な事実をがん専門医は見ているからです。病院は利益の為、がん患者の死を早めても抗がん剤を投与します。今までがんに勝つ自然療法は無かった。世界で初めて開発された、羊水の響きに学んだ音響免疫療法は、胎児の様に血液、細胞、リンパ球を38℃に温めます。羊水の響きの科学は、熱に弱いがん細胞を自己免疫力で勝つ、身体に害の無い自然療法です。ゼロ磁場の奇跡 音響免疫療法の、がん細胞を37.5℃から39℃に温める羊水の響きを、ぜひがん患者の皆様に体験して頂きたいと願っています。

がん難民のたどり着く 聖地は諸行無常の鐘の響きで がんに勝つロ磁場の奇跡 音響免疫療法

がん難民とは、放射線療法、外科手術、抗がん剤治療の3大療法をやり尽してしまった人のことを言います。がん難民の数は、がん患者の約53%、に相当するという調査結果もあります。(日本医療政策機関調べ)。がん再発者、末期がんの患者さんなど、西洋医学では施す手段もない状態とも言われます。
現在のがん治療は、検査・・・「がん」を発見したら、がんだ、がんだと大騒ぎ。心の不安とストレスで病状を悪化させます。がん患者を発見したら、病院で抗がん剤、 手術、放射線と、 さんざん治療でいじられ、 末期がんとなり、医者に見放され、最後は緩和ケアに行くか、がん難民となり自宅へ帰されるかです。がん難民となり、自宅へ帰された がん患者の皆さまから、私たち患者の会は多くを学びました。 がんは細胞の病気です。がん細胞もあなたの細胞の一部です。 がんと闘うのではなく、がん細胞をいじめないで、優しく一緒に温め、幸せにする事が大切です。

病院で見放され打つ手がないかのように思えた、がん患者の方が、 テレビ・音楽の羊水の響きで胎児のように38℃に温めると、自己治癒力を高めながら毎日3~4時間聴いていくうちに、がん細胞が発熱、縮小していきます。 細胞とがん細胞を一緒に温め、幸せにすることが大切です。がん患者の皆様は、がんを吹き飛ばしてくれる、脊髄で響く映像ホームシアターを家族同様大切にし、イスに名
前を付けて楽しんでおられます。がん難民となり、末期がんを克服したがん患者の喜びの笑顔は美しい。西洋医学は末期のがん患者の痛みを取り除くためモルヒネを使用します。急所脊髄で楽しむ映像ホームシアターの激しい響きは、生体麻薬の麻酔覚醒作用で、心と身体の痛みを取り除きます。がんの痛みにモルヒネはいらない。

再発 転移・・・治るはずのないガン細胞が なぜ消滅したのか?

60兆個の体内細胞は、毎日少しづつ新しい細胞に生まれ変わります。体温38℃、水分80%の60兆個の赤ちゃん細胞に甦らせることが、がんに勝ちます。「マラリアに感染すると高熱でがん細胞が消える」医学では有名な話です。羊水の響きは、体温を38℃(直腸温39℃)に温め、自己免疫力を高めています。熱に弱いがん細胞と戦います。「がん細胞」も「普通の細胞」も一緒に温め、熱に弱いがん細胞は消滅します。がん細胞は、がん臭を出します。人は歳を重ね、50歳の細胞の水分は50%と少なくなり、低体温で、しみ・たるみ・しわの老化した肌になり、がん患者が多くなります。胎児のように体温38℃、水分80%の細胞に甦らせることが、がんを防ぎます。がん細胞は強い磁力を持つ鉄イオンを取り込んでいます。がん患者は貧血になります。ホットカイロは鉄を酸化発熱させます。鉄イオンを持つがん細胞も発熱します。抗がん剤投与は正常な細胞とがん細胞を「一緒に殺し」、免疫力を低下させ生命力を奪ってしまいます。毎日ご自宅で聴き続け、胎児のように体温を38℃に高め、水分80%の新しい細胞に甦らせることが、がんに勝つのです。抗がん剤で改善とか、治療をするという西洋医学の表現はおかしい。

糖尿病・高血圧の病で 生命の大切な川血液を汚す薬の投与は間違っている

糖尿病・高血圧で生命の大切な川、血液を汚す、西洋医学の薬の投与は間違っています。血液を汚す、薬漬けはさらなる病を招きます。西洋医学は、糖尿病・高血圧・高脂血症の血液の浄化に、お母さんの胎児の尿を浄化する羊水の響きで、糖尿病・高血圧を治す、響きの研究をしないのが不思議です。
ご自宅でテレビ・映画・音楽を、急所脊髄で羊水の響きで楽しみ、糖尿病・高血圧・高脂血症で汚れた血液を浄化する、羊水の響きの自己免疫療法をおすすめします。

医者の薬高血圧の薬 降圧剤は認知症を 発症させます

医者の勧める 高血圧の薬 降圧剤は脳への血流を悪くし 脳細胞が劣化認知症を発症させます医者の薬を信用するな!

生活習慣病:糖尿病・高血圧・肥満の血液の病の患者に病院は、「血糖降下剤」「血圧降下剤」「コレステロール低下剤」を投与、薬漬けにし、血液を汚し、血管や臓器に障害を引き起こし、更なる病状を悪化させます。中華人民共和国衛生部は、血液の病に薬を投与しない方法を指導します。血液を汚すことが病状を悪化させるからです。日本のメタボリックシンドローム特定検診の収縮期最大血圧基準を180mmHgから130mmHgに基準を下げました。患者を増やし、「血圧降下剤」を売る為です。日本の高血圧対策は狂っています。

「国土交通省」は 機長(パイロット)に糖尿病・高血圧の薬の服用を 禁止しています操縦に危険を 招くからです

国土交通省は、乗客の命を預かる、パイロットの、糖尿病・高血圧の薬の投与を
厳しく管理し、薬を使えないのです厚生労働省は、医師会と一緒になり、糖尿病・高血圧・高脂血症の患者に、薬の投与を進め、薬漬けにします。日本の医学は狂っています。それでもあなたは、薬漬けになりますか。糖尿病・高血圧の薬の服用は、飛行機の操縦に危険を及ぼすため、厳しく管理されています。国道交通大臣または指定航空検査医により、「運航業務を遂行するために必要な心身の状態を保持しているかどうか」について検査を受けることが、パイロットに義務付けられており、その検査に合格して「航空身体検査証明書」を取得していないと、操縦できないのです。

疲れた心臓の 鼓動と脈動を高める 羊水の響きは生命力が若返る

臓の死が人間の死です 羊水の響きに学んだ 映画・テレビ・音楽の心臓への響きで 命が買える時代です 死んだらおしまい!

血液の磁気を研究すると、糖尿病・高血圧で血液を汚す薬が投与できないのです。人間の血液(強磁性鉄イオン)は5kgその中で1/3は脳で使用しています。血液に含まれる鉄イオンは、2700mg、体内には4000mgの鉄分を含みます。赤血球(ヘモクロビン)は「釘」と同じように錆びるのです。赤血球と毛細血管は同じ大きさです。血管と血液との摩擦熱で、血液をサラサラに浄化、血液の磁気を高めます。毛細血管との摩擦熱は血管内皮細胞が活性化 毛細血管を若返らせます。毛細血管の若返りは、目や腎臓の排尿機能を高めます。血液は酸素とブドウ糖と結合し、血液を酸化させます。赤血球と毛細血管との摩擦熱は、血液を黒鉄(二価鉄)に変え磁気を高めます。

心臓の鼓動を強化し 血液循環機能を良くし 血液の磁気を高める世界で初めての ゼロ磁場音響免疫療法

私たち人間は、「心臓」の鼓動・脈動を高め、血流を良くし、血液(強磁性鉄イオン)と血管との摩擦熱で、身体を温め、血液の磁気を高める、血液循環、磁気発電エネルギーシステムで、生命を維持します。人間の血液の磁気エネルギーに学び、世界で初めて、リチウムイオン電池に替わる、新しい磁気エネルギー蓄電システムを、開発しています。

西堀貞夫は、心霊現象と魂の メカニズムを公開し、真実を語りました。預言の通り、突然病に倒れ生死をさまよいました。2014年6月24日のことです。臨死体験で、心霊現象の生む光り輝く、死後の幻想の世界を見てきました。生命の科学は、解明してはいけないことです。今生かされているのは、天に許されたと 感謝しています。

人間の細胞は音楽を奏で、ミクロの世界で成長します。人間は、無音室に入ると死に至ります。お酒の麹の発酵も細胞と同じように、ぶすぶすと音を発し増殖します。細胞も音楽が大好きです。がん細胞は身体が発熱する音楽の響きを嫌います。がん細胞が発熱するからです。西洋医学は、細胞の響きの研究をしないで、IPSの人工的な培養を行っています。母親の胎児の細胞を育てる響きを研究していないのです。人工的な細胞の培養より、人間の細胞を若返らせることが大切です。急所脊髄の中枢反射神経への激しい響きは、脳内麻薬の麻酔覚醒作用で、心霊現象・霊・臨死体験の、夢の幻想の世界に導きます。動物の持つ脳内麻薬の麻酔覚醒作用を、病を治す最先端医学に応用しました。

トップへ戻る